EC案件の倉庫内業務の
生産性向上を実現

OMS・WMS一体型
EC自動出荷システム LOGILESS

\ 資料ダウンロードも可能! /

お問い合わせ

資料のみのダウンロードはこちら

LOGILESS利用中の
倉庫事業者さま

150*

*2022年10月末時点

月間出荷1,000件~数十万件までの幅広いEC案件で、LOGILESSをご利用いただいています。

  • エクシーク
  • SPAL
  • カネコ
  • 角川流通倉庫
  • T2K
  • ハセガワロジスティクス
  • 日立物流
  • For needs
  • 富士ロジテック

導入企業さまの一部を掲載(五十音順)

倉庫事業者さまの声

株式会社富士ロジテックホールディングス 営業部 次長 西間木氏

株式会社富士ロジテックホールディングス

営業部 次長 西間木氏

D2Cで求められるパーソナライズ梱包も、人手を増やさず、現場の混乱なく実現

数年前からBtoC(特にD2C)物流の対応を積極化しています。D2Cでは梱包でもブランドの世界観を表現したり、一人ひとりにあわせて同梱物を変えたり、各社が独自のこだわりを持っています。多種多様なニーズに合わせ、業務オペレーションを再整備する必要があり、LOGILESSを使い始めました。

LOGILESSはOMSとWMSの一体型システムであることに加えて、個別出荷指示もシステム上で一度設定するだけで簡単に自動化が可能。例えば「初回注文時にはカタログを入れる」「3回以上注文時には、おまけをつける」等が可能なので、パーソナライズ化された梱包も、現場メンバーの混乱なく対応できます。どんなに手間のかかる梱包であっても、荷主のこだわりをしっかりと表現して、物流で感動を届けていきたいです。

株式会社エクシーク 3PL事業部 マネージャー 神島氏

株式会社エクシーク

3PL事業部 マネージャー 神島氏

誤出荷ゼロの安定オペレーションを実現でき、出荷スピードは3倍に

会社の急激な成長に伴い、出荷量が一気に増えてしまったことで、在庫の引き当てミスなど、倉庫内でのトラブルが目立つようになりました。常に最新のテクノロジーを活用できるSaaS型システムを探している中で、OMS・WMS一体型のLOGILESSを知り、すぐに導入を決めました。

入社初日の新人でもすぐに操作をマスターできるシンプルなUIで、誤出荷を防ぐ機能も充実。加えて生産性を高めるための「出荷モデル」等の機能を標準機能として使うことができ、出荷スピードは2〜3倍になりました。LOGILESSの便利な機能を活用しながら、より多くのEC事業者さまの課題を解決していきたいです。

LOGILESSでできること

LOGILESSはECビジネスのオペレーション効率化に欠かせない
OMS(受注管理システム)と、WMS(倉庫管理システム)の一体型システムです。
EC事業者と倉庫事業者が一つのシステムを利用するため、
毎日発生する受注~出荷までの人手作業が不要になり、ミスなくスピーディな出荷が実現できます。

LOGILESSの仕組み

OMS・WMS一体型システム LOGILESS

10分に1度、注文情報を自動で連携
荷主からの連絡を待たずに業務スタート

OMS・WMS一体型システムのLOGILESSなら、10分に1回の間隔で「出荷可能な注文だけ」が自動で出荷指示としてシステムに反映されます。荷主からの受注データの受け渡しや、WMSへのデータ取込等の作業は一切必要ありません。

出社後すぐに自分たちのタイミングで出荷業務に取り掛かることができるので、配送会社の最終出荷受付時間までに余裕をもって業務を進めることができます。

10分に1度、注文情報を自動で連携 荷主からの連絡を待たずに業務スタート

出荷作業・在庫状況もリアルタイム管理
報告業務の効率化と在庫ズレゼロを実現

業務プロセスに連動し、出荷作業や在庫の状況がLOGILESSのシステム上に自動で反映されます。荷主側もリアルタイムで状況を確認することができるので、双方にとって負荷のない状態を実現できます。

またデータはお好きなフォーマットのCSVで簡単にダウンロードも可能。荷主への作業実績の報告や、請求作業も効率化できます。

出荷作業・在庫状況もリアルタイム管理 報告業務の効率化と在庫ズレゼロを実現

管理が複雑な商品の出荷・在庫管理も
ミスなく対応可能

LOGILESSはフリーロケーション管理、出荷期限日(賞味期限日)管理、ロット管理に標準対応しています。また業務効率化のための庫内デバイスも3パターン利用でき、バーコード・二次元コード、RFID、どの形式であっても対応可能。

例えば、賞味期限管理や温度帯の管理が必要な「食品」、カラーや度数などの項目があり効率的な保管が必須となる「コンタクトレンズ」などの管理の複雑な商材であっても、ミスなくスムーズに出荷・在庫管理を行うことができます。

管理が複雑な商品の出荷・在庫管理もミスなく対応可能

庫内業務生産性アップの機能を使えば
誰でも最も効率のよい業務ができる

例えば「出荷モデル」を使えば、出荷伝票を検索し、出荷作業中へ移動させるという一連の操作を効率化できます。最も効率のよい作業パターンを予め登録しておけばワンクリックで業務スタート可能。

その他にもアカウント切り替え無しで複数荷主を一つの画面で管理できるなど、生産性向上を実現する機能をたくさん実装しています。

庫内業務生産性アップの機能を使えば誰でも最も効率のよい業務ができる

LOGILESSの機能については「機能」ページをご確認ください。

外部連携サービス

国内主要モール・カートとはAPI連携済なので、
販売チャネルの追加もかんたん。

モール

ECカート

一部を抜粋

決済・送り状発行等のシステムとも連携可能。

送り状発行システム

決済・POS連携・その他

一部を抜粋

システム料金

0

LOGILESSの利用料金(基本料金+従量料金)はEC事業者さまに負担いただくため
倉庫事業者さまの基本料金は発生しません。

庫内業務の効率化のためのオプション機能については、倉庫事業者さまのご負担でご利用いただけます。

よくある質問

運用開始までのサポートはありますか?期間はどのくらいですか?

日々の運用を問題なく行っていただけるよう、担当者がLOGILESSの活用方法をご案内させていただきます。
まず、ご状況や課題などヒアリングをし、LOGILESSを活用してどう解決できるかを丁寧に擦り合わせた上で、安心してご利用いただけるように進めさせていただきます。
運用準備には一定期間かかりますので、出荷開始まで1~2か月ほどの余裕をもってお問合せいただくことをお勧めいたします。

出荷作業の内容確認など、直接EC事業者さまに連絡をとることは可能ですか?

はい。EC事業者さまと直接やりとりを行うことができます。
「出荷したけど戻ってきてしまった」「荷物が破損してしまった」など、日々の業務を含む細かなやりとりを直接ご連絡いただくことで、スムーズな運用が可能です。
ロジレスは出荷業務オペレーションではなく、システムのみをご提供しておりますので、やりとりした情報を共有いただく必要はございません。

新規のEC事業者(荷主)の案件相談はできますか?

はい。ご相談内容をLOGILESSで解決できるか、担当を付けてご案内させていただきます。

メディア掲載

  • ECCLab
  • ECzine
  • ECのミカタ
  • LNEWS
  • 週刊東洋経済
  • DIAMOND SIGNAL
  • 日本経済新聞
  • NewsPicks
  • Forbes JAPAN
  • 物流Weekly
  • BRIDGE
  • LOGISTICS TODAY
  • LOGI-BIZ online