機能

LOGILESSは、多くのプラットフォームと自動連携する受注管理システムに、在庫のロケーション管理、送り状の発行、ハンディターミナルの利用を含むフル機能のWMSを備え、 自動的に取り込まれた受注がそのまま出荷指示に。
さらに、倉庫の外部委託や、複数拠点からの自動出荷にも標準対応しています。

受注管理

楽天市場、Yahoo!ショッピング、 Amazon.co.jpなど国内主要モールで、APIによる自動取込、自動処理に対応。
受注の取込、決済ステータスの連動、出荷情報の反映が、すべて自動で行われます。

また、お届け先、支払方法、配送方法、購入された商品、合計金額、合計重量など、さまざまな条件をもとにした自動処理を簡単に追加できるので、オリジナルの業務フローにも対応。多くのお客様が、高いレベルの自動化を実現されています。

LOGILESSと連携可能なプラットフォームの一覧もご覧ください。

受注情報の自動取込
APIによる自動取り込みに対応済みのモールやカートなら、受注情報の取り込みは自動で行われます。 
購入者が入力した備考欄等の確認だけ済ませれば、残りの作業はすべて物流倉庫に任せることができます。
CSVファイルで取込
各モールやカートからダウンロードしたCSVファイルを使い、受注情報を一括で登録することができます。 
受注情報は物流倉庫へ、自動的にリアルタイムで共有されます。
受注情報を手動で起票
電話やメールなどで受け付けた注文を、手動で登録できます。
入金管理
銀行振込など、事前の入金確認が必要な受注を管理できます。 
入金が確認されるまでは、物流倉庫に出荷指示が送信されることはありません。
出荷を分割
受注に対する出荷を、複数回に分割することができます。 
一部の商品の在庫がなく、先に在庫がある商品のみを出荷する場合などに便利です。
出荷を同梱
複数の注文をまとめて出荷できます。お届け先から、同梱候補を自動検索することも可能です。
出荷指示の入力
LOGILESSを通じて、物流倉庫の担当作業員へイレギュラー対応を受注ごとに指示できます。 
指示内容は、物流倉庫側の出荷伝票画面に表示されるほか、出荷指示書にも印字されます。
メールの自動送信
受注確認メールと、出荷確定メールを購入者へ自動で送信します。 
送信するメールの内容は、強力なテンプレート機能を使用して自由に設定することができます。
受注情報の検索
さまざまな条件から受注を検索できます。 
複数のモールやカートの受注を横断して検索できるので、問い合わせ対応などにも威力を発揮します。
受注情報のダウンロード
登録されている受注をCSVファイルで一括ダウンロードすることができます。 
ダウンロード項目、並び順、タイトルなども自由に設定が可能ですので、既に稼働している基幹システムとの連携にも活用できます。

在庫管理

LOGILESSは、フリーロケーション管理、出荷期限日(賞味期限日)管理、ロット管理など高度な在庫管理に標準対応しています。

また、キーエンス製ハンディターミナル、Androidスマートフォンアプリ、バーコードスキャナの3つのデバイスに対応。出荷件数、商品特性などに応じて組み合わせることで、最小限のコストで庫内作業を効率化できます。

商品マスタ登録
商品情報の登録は、任意のフォーマットのCSVファイルから一括で取り込むこともできます。
在庫管理
物流倉庫に保管してある商品の在庫数を、リアルタイムで把握することができます。単品ごと、ケースごと、セットの組み合わせごとなど、さまざまな観点から在庫数を管理することが可能です。
賞味期限管理
保管している在庫の賞味期限が管理できます。 賞味期限が近いものから順に出荷するなど、在庫の出庫順も制御できます。
ロット管理
保管している在庫のロット番号が管理ができます。 ロットごとの在庫数や、出荷ログを追跡することも可能です。
入荷予定管理
入荷予定情報を、物流倉庫と共有することができ、納品予定商品の漏れや遅れを発見できます。

出荷

出荷可能となった出荷伝票を「出荷作業中」ステータスに移動させることで、送り状やピッキングリストを出力します。出荷作業中ステータスでは受注情報を変更できないようロックされますので、受注担当者と出荷場で競合することはありません。

出荷作業中への移動ルール、作業のグルーピング、帳票の出力、送り状の発行、その他あらゆる作業が柔軟に定義可能な業務フローに基づいて効率化でき、現場からマニュアルをなくすことができます。

出荷実績は、出荷場から自動的に受注情報に反映。各モール/プラットフォームへの出荷実績の反映も自動です。

出荷状況の確認
物流倉庫での出荷作業状況が、リアルタイムで確認できます。
同梱書類の確認
出荷指示書、納品書、領収書など、物流倉庫が出荷の際に同梱する各帳票の内容を確認することができます。
配送追跡番号の確認
出荷後に、各受注に対して割り当てられた配送追跡番号を確認できます。