ECサイト運営の受注〜出荷まで
全てを自動化

OMS・WMS一体型
EC自動出荷システム LOGILESS

OMS・WMS一体型システム LOGILESS

利用企業の
自動出荷率

90%以上

2020年10月~12月に
LOGILESS利用した
全てのEC事業者の出荷実績から算出

LOGILESS利用中の
EC事業者さま

393*

*2021年3月末時点

月間出荷1,000件以上の、様々な業種・業態のEC事業者さまが、LOGILESSを利用しています。

  • EVERGREEN
  • FTG
  • Classical Elf
  • ゴーゴーカレー
  • saketaku
  • TENTIAL
  • newn
  • ネコ・パブリッシング
  • BASE FOOD
  • Feast
  • MOGURA ENTERTAINMENT
  • Life Jewel
  • RiLi
  • Rinne

導入企業さまの一部を掲載(五十音順)

EC事業者さまの声

ベースフード株式会社 サプライチェーンマネジメント 小川氏

ベースフード株式会社
サプライチェーンマネジメント

小川氏

国内複数拠点からの自動出荷を実現し、
配送コストを年間1,000万円以上削減

事業の成長に伴い、バックヤードの負担が急増し、オペレーションの見直しが必要でした。LOGILESSはOMSとWMSの一体型システムなので、ご注文を受けてから商品をお届けするまでスタッフが介入する必要がありません。システム導入後、全注文の90%以上の自動出荷を実現できています。

またLOGILESSがAPI公開していて、自社データと繋げることで分析基盤が整ったことも経営の進化に大きく貢献。例えば出荷拠点の見直し。現在、ベースフードでは東日本と西日本にそれぞれ倉庫を構え、LOGILESSの機能を使って配送先のエリアによって自動で出荷元を振り分けているのですが、「倉庫を何県に設置すればよいか」「どこを境に東西に振り分けるのか」などのルールは、データ分析結果をもとに決めました。全国のお客さまに対して最適な倉庫から自動出荷できる体制が整い、年間1,000万円以上の配送コストを削減することができました。

株式会社newn 武田氏

株式会社newn

武田氏

複数D2Cブランドの受注~出荷フローを
共通化できるLOGILESSでビジネスを加速

newnは複数のD2Cブランドを幅広く展開していますが、各ブランドで属人的な物流プロセスを構築しており、月間注文件数が1,000件を超えたあたりから、人力でのオペレーションに限界があると感じていました。

LOGILESSを導入後は、全注文の90%以上を自動出荷に成功。これほど柔軟にやりたいことを実現できるシステムであれば、どの商材でも、どのブランドでも、物流フローはLOGILESS一本で共通化できると確信。オペレーションを共通化できたため、新ブランドの立ち上げが容易になりました。
でも、何よりもうれしいのは、お客さまのもとに早く商品が届くようになったこと。LOGILESSを使えば倉庫にほぼリアルタイムかつ自動で出荷指示を送れます。昼間の注文であればその日の出荷便に間に合ったりするので、平均すると1日早くなりました。SNS上にあがる「もう商品が届いた」というお客さまの投稿は励みになりますし、ブランド力の向上にもつながっています。

LOGILESSでできること

平均自動出荷率90%以上
受注~出荷までほぼ何もしなくてOK

OMS・WMS一体型システムのLOGILESSなら、手作業でのデータ連携不要。10分に1回の間隔で注文情報データが倉庫側の画面に連携され、自動で出荷指示を出すことができます。

LOGILESS利用しているEC事業者さまは全注文の90%以上の自動出荷が実現でき、毎日の出荷オペレーションでほぼ何もしなくていい状態を実現できます。

平均自動出荷率90%以上 受注~出荷までほぼ何もしなくてOK

注文状況に合わせたマーケティング施策も
一度システム設定するだけで全て自動化

・一定金額以上の購入者におまけを送りたい
・初回購入者にだけカタログを送りたい
・特定チャネルの購入者だけ特別な梱包資材を使いたい

売上アップ、顧客満足度向上のための複雑な出荷指示も、システム上で条件設定をするだけですべて自動化可能です。

注文状況に合わせたマーケティング施策も 一度システム設定するだけで全て自動化

複数倉庫への出荷指示も自動化
ビジネス拡大やコスト削減も思いのまま

・購入者の居住地を起点により近い倉庫から商品を発送したい
・冷蔵と冷凍など温度帯の異なる商品が同時購入された場合は、注文分割して別の倉庫に出荷指示を出したい
・ECサイト販売数が伸びてきたので、倉庫を一つ増やしたい

こんなニーズにも簡単に対応可能。ビジネス状況に応じて複数の倉庫を柔軟に使い分け、配送や倉庫コストの最適化を実現しましょう!

複数倉庫への出荷指示も自動化 ビジネス拡大やコスト削減も思いのまま

どんな倉庫にも簡単に導入できる
開発不要で、初期費用も0円

LOGILESSは現在ご契約中の倉庫に簡単にシステム導入可能です。新規の倉庫をお探しの場合には、LOGILESS導入済の倉庫事業者をご紹介することもできます。

個別のシステム開発も不要で、初期費用も無料。倉庫担当者へのシステム利用方法レクチャーはロジレスの経験豊富なスタッフが行いますので、簡単に庫内業務のDXが実現できます。

どんな倉庫にも簡単に導入できる 開発不要で、初期費用も0円

LOGILESSはAPIインターフェースを提供しておりますので、
貴社エンジニア部門にて各種システムとの連携開発いただくこともできます。

ご利用料金

システム料金+出荷件数に応じた従量課金の価格でご利用いただけます。

月間の出荷量を入力するだけで、月額料金料金を簡単にシミュレーションすることができます。

EC事業者さま向け
オプション機能料金

複数倉庫からの出荷・リアル店舗在庫連携・庫内デバイス利用などオプション機能料金は含んでおりません。
オプション機能は別途お申し込みが必要となります。

オプション機能の一例はこちら