顧客満足度向上やリピート率向上も!チラシやカタログなど同梱物の活用事例

チラシやカタログなど同梱物の活用事例

「同梱物」は、商品を梱包している段ボールや封筒の中に商品と一緒に同梱されているチラシやカタログといったものです。段ボールのような箱に2つ以上のものを入れることを「同梱」、封筒に2つ以上のものを入れることを「同封」といいます。

ネットショップでは店頭とは違って直接商品をお客さまに手渡せないからこそ、同梱物でお客さまにコミュニケーションを取ることはとても重要です。

そこで、今回は商品お届けした際にお客様の満足度を上げ、次の購入に繋げる同梱物について詳しく解説していきます。

もくじ

ECビジネスに欠かせない「同梱物」の種類

ネットショップで商品を購入した時の同梱物には

  1. 納品書や伝票といった事務的なもの
  2. 商品の満足度や、その後の売上を上げる目的のもの

の2つがあります。

また、2の商品満足度やその後の売上を上げることを目的とした同梱物にも、

  • お礼状やブランド紹介パンフレット
  • 商品の使い方説明書
  • サンプルやクーポン
  • 商品カタログ
  • SNSやモールでのレビュー投稿チラシ

といったさまざまな種類があります。

同梱物は商品と同じ箱に入っているため、会員に向けて個別に送付するメールマガジンやDMハガキなどに比べると、お客さまの目に触れる確率がかなり高い媒体です。ブランド紹介パンフレットで好感度UPを狙ったり、クーポンで次回の購入促進をするなど目的に合わせて工夫してみてください。

同梱物の役割と活用事例

同梱物を選ぶ際にせっかくなので色々なものを同梱したくなりますが、たくさん同梱すればいいというわけではありません。

たくさんのチラシを同梱しすぎるとかえって一つひとつが読まれなくなり、効果が薄まってしまうこともあります。

そこでここからは、同梱物が果たす役割と、どのような場面でどのような同梱物を利用するとよいのか、具体的な活用事例について紹介していきます。

役割1:顧客満足度やブランドへの好感度向上

商品が手元に届いた時は、お客さまのテンションが最も上がりやすいタイミングの1つです。

そのため、

  • 感謝の気持ちを伝えるお手紙
  • ブランド紹介のパンフレット

などを入れることで、さらに「そのお店で購入したこと」「そのブランドを選んだこと」への満足度を高め、ブランドへの好感度の向上を期待することができます。

顧客との長期的な関係性を構築していきたいと考えているネットショップは、手書きのお手紙を同梱しているケースもあります。

役割2:購入商品を正しい利用・不明点の解消

同梱物は商品が届いた際にメッセージを伝えるだけでなく、使用方法をサポートする側面もあります。

例えば、化粧水を購入したお客さまの場合、その化粧水の正しい使い方をお伝えし、効果を実感していただく必要がありますよね。また、食品の場合「どうやって調理したらいいんだろう?」と悩む方もいらっしゃいます。

そのため、同梱物のなかで正しい使い方をお伝えし、その商品がもつ魅力を最大限実感してもらえるよう使い方説明書などでサポートすることが求められます。

化粧水であれば、「使うタイミングや頻度・1回の使用量についての説明」、食品の場合「美味しい調理方法・レシピ」を同梱すると良いでしょう。

使い方を正しく理解することで商品の効果を実感してもらえば、リピート購入にも繋がりやすくなります。

役割3:次の購入促進

EC事業者であれば「一度購入してくださったお客さまにリピーターになってもらいたい」と考えている方がほとんどだと思います。

  •  次回の購入で使えるクーポン
  •  定期購入へのお得な案内

などを同梱することで、再購入を促進したり、定期的な購入を促すことが可能です。

また、同一商品のリピートだけでなく

  • お届けした商品とは別の商品サンプル
  • 扱っている商品を紹介するカタログ

などを同梱することで、他の商品の購入を促すことができます。

化粧水を購入したお客さまに対して乳液のサンプルをお送りするなど、お客さまが購入した商品に関連するようなものを同梱すると、特に興味を持ってもらいやすいでしょう。

役割4:口コミの誘発

同梱物では、商品を購入してくれたお客さまに対して、

  • SNSにハッシュタグをつけて商品の写真を投稿してもらう
  • 購入したネットショップ上でレビューを書いてもらう

ことを促すことも効果的と言えます。

近年、SNSで商品を見つけて購入することや、すでに購入した人の口コミを見てから購入を判断することが当たり前になってきています。

そのため、

  • SNS上に口コミを投稿してもらうことで、お客さまの友達が購入してくれる
  • モール上でレビューが増えることで、商品購入を検討しているお客さまの購入の決め手となる

といった効果が期待できるのです。

SNSへの投稿やレビュー投稿を増やすために、「投稿してくれた方の中から抽選で5名様に特別プレゼント」「レビューを投稿したら次回使えるクーポンをプレゼント」などの施策をしているケースもあります。

まとめ

今回は、ECビジネスで重要な同梱物について、役割と具体例を詳しく解説してきました。

なお、同梱物を複数の種類作成し、お客さまの購入商品や購入回数によって入れ分けると、さらに効果を高めることができるでしょう。

しかし、そのようなこだわった対応ができるか否かは倉庫やシステムによって異なります。

倉庫によっては、同梱物をお届けする箱ごとに入れ分けることができなかったり、そもそもシステムで倉庫に同梱指示を出すことができなかったりする場合があるのです。

また、指示を出すことができたとしても、煩雑なオペレーションをする必要があり、出荷作業の負担が大きくなることもあります。

株式会社ロジレスが提供するEC自動出荷システム「LOGILESS」では、独自のRPA機能を使うことで、複雑な条件分岐でも自動化することができオペレーション負荷を減らしながらこだわった同梱指示を出すことが可能です。

LOGILESSについてもっと詳しく知りたい方のために、「LOGILESS説明資料」を用意しています。気になる方は、ぜひダウンロードしてみてください。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる